一人暮らし 引越し挨拶 防犯

一人暮らしの引越し挨拶と防犯

一人暮らし 引越し 挨拶

 

引越し当日か翌日にご近所へ挨拶に行くのが常識ですが、それは夫婦や家族での引越しの場合です。
近頃は一人暮らしの場合は近所に挨拶に行かなくてもいいとされています。

 

それはなぜか!

 

やはり一人暮らしは空き巣や変質者、下着泥棒などに狙われやすいからです。
男性ももちろん危険ですが、女性は特にいつどこで目を付けられるかわかりません。

 

一人暮らしであることを広く公表しない方が安全だと考えます。
そして犯罪に巻き込まれることがないように、普段から気をつけることがいくつかあります。

 

・物件を選ぶ時に、セキュリティーの高いオートロック物件や防犯カメラのある物件を選ぶ。
・2階以上の部屋にする。
・鍵を開ける際は誰かが後ろにいないかチェックして、すばやく中に入って鍵をかける。
・郵便受けにも鍵をかける。
・1階はもちろん、2階以上であっても窓を開けっ放しにせず、どんなに小さい窓にも鍵をかける。
・下着は外に干さない。
・必ずチェーンロックをかける。宅配業者も本物かどうかを確認してからチェーンロックを外す。
・ゴミ捨ての際も必ずカギをかえて行くこと。

 

玄関にカギをかけないとか窓を開けたまま過ごすのは一人暮らし生活に慣れても絶対にしないでください。

 

ゴミ捨てなどの短時間でもカギを開けたまま出かけると、家の中に侵入するチャンスを与えますし、普段から窓が空いている部屋だと認識されたらいつか狙われます。在宅中であっても、2階でも3階であっても関係ありません。

 

日本が安全というのは昔の話ですから、普段から防犯意識を持って生活することを心がけてくださいね。