一宮市で格安の引越し業者を探す1番簡単な方法

一宮市で格安の引越し業者を探す1番簡単な方法

一宮市 引越し 比較

一宮市 引越し 激安

一宮市 引越し 相場

一宮市 引越し 平均

一宮市 引越し 安く

 

愛知県の引越し業者で検索すると390軒、一宮市の引越し業者だけでも約15件ほどヒットします。
このすべてに見積もりを依頼したいところですが、実際はなかなかできませんね。

 

沢山の引越し業者の中から1番評判のいい業者はどこか、安い業者はどこか、サービスがいい業者はどこかなどいろいろ気になって調べても見つけることは出来ないと思います。
それは100%の人が満足と答える引越し業者は存在しないからです。
それなら引越し業者はどこもたいして変わらないのだろうと思われるかもしれませんが、違いはあります。

 

引越しの費用やダンボールサービス、オプションなどは引越し業者によって随分違います。

 

引越し費用=スタッフへの人件費+ガソリン代や高速代などの交通費+ゴミの処理などのオプション

 

引越し費用は持っている荷物の量と新居までの距離に比例します。
荷物が多いほど引越し業者のスタッフが沢山必要ですし、大きなトラックも用意しなければなりません。
新居までの距離が遠いほど、トラックを運転するスタッフの人数も必要となり、ガソリン代も多くかかります。

 

引越し料金を安くしたいなら、当日までに荷物を減らしておきましょう。

 

引越し費用は荷物の量に比例しますので、できるだけ荷物の整理をして、いらないものは引越し当日までに処分しておくのがオススメです。
とりあえず箱に詰めて、新居でゆっくり仕分けするという方法は、余分に費用がかかることになるのです。

 

そして必ず見積もりは複数の引越し業者から取ってくださいね。
先ほど言いましたように、引越し費用は業者によって随分違います。
比較しないで1社だけに見積もりを依頼して決めてしまうのはもったいないです。

 

1社より2社、2社より4社と数が多いほうが、お得になるチャンスが広がるということになります。

 

しかも今は簡単に引越し業者から一括見積もりが出来ます。便利なうえに利用料は無料です。
できるだけお得に引越ししたいなら、複数の業者から見積もりを取って費用やサービスなどをしっかり比較しましょう。

 

一宮市 引っ越し

 

他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

 

 

引越しの費用は時期によって変わる!

一宮市 引越し 時期

 

引越しシーズンというのをご存知ですか?
1年のうちで最も引越しが多いのは3〜4月の新学期前です。

 

受験を終えて進路の決まった大学生、就職したばかりの新社会人、人事異動で新年度を新しい会社で迎えるサラリーマン。
みんな4月から始まる新生活に備えて引越しをするものですから、3〜4月は引越し業者も「繁忙期」としていつもより人手を増やして備えます。

 

繁忙期は人件費のコストが上がりますので、どうしても通常期に比べると引越し費用が高くなるのです。

 

出来ることなら引越しは繁忙期を避けて、他の月に行うのがオススメです。
もしどうしてもこの時期でなければならないのであれば、新居を早く決めて引越し業者一括見積もりを早めに行いましょう。

 

先延ばしにするほど安くて良い引越し業者の予約は取りにくくなります。
早めに動くことで、繁忙期の引越しもスムーズに行うことができますよ。頑張ってください。

 

引越しと近所への挨拶

 

一宮市引越し挨拶

 

引越ししたらご近所への挨拶は欠かせません。
しかしどこのお宅まで行けばいいのか、わかりますか?

 

マンションやアパートでは、上下左右の部屋の方への挨拶が一般的です。
集合住宅の生活音は案外気になりますので、顔見知りになっておくことは大切です。

 

隣の部屋の人がうるさかった場合、顔も知らない人であればきっとためらいなく壁をバンバン叩いてしまうでしょう。
しかし顔見知りになっていると、なかなかやりにくいですよね。

 

あと、大家さんや管理人さんが近くに住んでいる場合は、その方にもご挨拶しておくといいと思います。

 

一戸建ての場合は昔から「向こう三軒両隣」と言われれいます。
自分の家の両隣と、向かい側3軒、合計5軒にご挨拶しようということですね。。

 

一軒家はマンションのような住人専用のゴミ収集所がありませんので、おそらく町内での当番制が多いです。
ゴミを捨てるためには町内会に入らないといけないというところが多いです。
自治会長さんにもご挨拶しておいて、ゴミのルールなどを聞いておいたほうが安心ですね。

 

戸建ては特にそこに長く住む可能性が高いので、ご近所トラブルは避けたいものです。
もちろん挨拶だけでもいいのですが、簡単な粗品があったほうが訪問しやすいかと思います。

 

粗品は500〜1000円程度のものが良いです。
あまり高級なものだと相手が気を使ってしまいます。
洗剤やタオル、ラップなどの日用品からお茶、コーヒー、クッキーなどのお菓子など日持ちのする食品も人気です。

 

挨拶はできれば引越し日までに、遅くても翌日までには行きましょう。

 

 

引越しのいろいろな手続きを知っておくと便利

 

引越し 手順

 

引越しには沢山手続きがありますからおおまかな流れを知っておくと、だいぶ気が楽になります。
おおまかな手順を引越し前に是非確認しておいてくださいね。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

羅列しただけでもいろいろあります。細かく見て行きましょう。

 

引越しですから早く引越し業者を決めてしまいたいですね。
しかし物件が決まらないと正確な引越し費用を計算できないのです。
4階の引越しの場合にエレベーターありの物件となしの物件では、大変が違うので費用も当然違ってきます。

 

引越し業者への見積もりは、新居が決定したらすぐというタイミングがオススメです。

 

そして引越し料金は荷物の量に比例して値段が変わります。
荷物が多ければそれだけ大きなトラック、多くのスタッフ、多くのガソリンが必要となって引越し費用が当然高くなるのです。
引越しの前に不用品はどんどん処分して、できるだけ荷物を減らして置いたほうが良いです。

 

使わない季節の洋服などからどんどんダンボールに梱包していきましょう。

 

市外への引越しの場合は、市町村役場に《転出届》を提出してください。転出届は引越しの2週間前から提出することができます。
出し忘れると提出しに戻ったり、連絡して郵送してもらって送り返すなどの手間がかかりますので、ご注意ください。
市町村役場に行きましたら、国民年金や国民健康保険、児童手当などの手続きが必要かも聞いておくと手間が省けます。

 

2週間くらい前になると電気・ガス・水道業者に連絡して、引越し日までの費用を日割り精算してもらう手配を。
手続きの方法は各会社で異なりますので、まずは電話で連絡をしてくださいね。
同一市内の引越しなら、引越し日からは新居で電気・ガス・水道を使えるようにしてもらうように伝えてください。

 

引越ししたことで、郵便物が届かなくなるというのは不便ですね。

 

最寄りの郵便局に行って「転送届」を提出すれば、1年間は郵便物を新居に転送してくれます。
友人や知人に手紙やメール、LINEなどで引越しした旨のお知らせしておきましょう。

 

引越しの当日、運ぶものはすべて引越し業者におまかせです。家具やダンボールの配置を伝えてください。
あらかじめ決めて紙に書いて渡しておくか貼りだしておくと便利でスムーズです。

 

しかし貴重品、高級品、貴金属、お金、パソコンのデータ、遺影、位牌、見られたくないものなどは自分で運んだ方が安心です。
なぜならこれらは破損して保険を使っても、お金で解決できるものではないからです。

 

引越ししてから2週間以内に新居に最寄りの市町村役場に行き、市内引越しなら《転居届》を市外引越しなら《転入届》を提出しましょう。
これで選挙投票用紙など役所からの大切なお知らせなどが届きます。

 

最後に運転免許証やパスポート、保険証など身分証明書になるもの、銀行やクレジットカード会社、保険会社などにも住所変更をお知らせしてくださいね。
放置すると大事なお知らせが届かなかったり、いざ使おうと思っても使えないなどのトラブルになりますから、忘れないうちに行ってください。

 

 

引越しにかかる初期費用

 

引越し初期費用

 

賃貸物件を契約する際にかかる初期費用には、敷金・礼金・家賃2〜3か月分・仲介手数料・火災保険・連帯保証会社利用費用・カギの交換費用などがあります。

 

ひとつずつ確認してみましょう。

 

・敷金は物件から退去する際に汚れた壁紙などを補修する費用で、入居前に貸主に預ける形になっています。
部屋を綺麗に使っていれば退去時に使わなかった分は返還されることが多いです。

 

礼金は貸主へのお礼として昔から慣習的に支払われていたものです。指定されている場合は支払う必要があります。ただ最近は礼金ゼロという物件もあります。部屋を探している人が少しでも入りやすくするために、礼金ゼロにしている貸主さんもいます。

 

・2か月分、3か月分の家賃を先払いを求める貸主もいます。
最近は家賃の滞納が問題となっていますので、ちゃんと家賃を支払う能力がある人かどうか確認する意味合いもあるかもしれません。
逆に1か月フリーレントといって、1か月分の家賃が無料の物件もあります。

 

貸主の考え方は人それぞれですね。

 

・仲介手数料は物件を紹介してくれた不動産会社に支払う費用です。
家賃1カ月分だったり、家賃の数パーセントだったりと会社によって決まっていますので、契約前に確認しておきましょう。

 

・以前は賃貸契約の際に連帯保証人として親や兄弟の名前を契約書にサインさせたりしたものです。
家賃が支払われなかった場合に変わりに支払ってもらう方ですね。
しかし最近は一人親や一人っ子など、いろいろな事情があって連帯保証人を用意できない人が増えました。
そこで今は連帯保証会社利用費用を支払って保証会社に依頼するのが主流になりつつあります。

 

・賃貸物件は集合住宅なので、必ず火災保険に加入しましょう。
なぜなら隣の部屋の方が火元で火災が起こった場合でも、自分が火災保険に加入していなければ相手に賠償を請求することはできないのです。
火事は貰い火でも自己責任なので、火災保険の加入は必須です。

 

・物件に入居する際に鍵の交換を行ってくださいね。
前住人が何本スペアキーを作っているかは管理人にも把握できません。
やはり他人が自分の家のカギを持っているのは気持ちのいいものではありませんものね。
費用は1.5〜2万円くらいです。

 

契約時にかかる費用は物件を扱う不動産会社や貸主さんの考え方によってかなり差があります。契約する前にしっかり確認しましょう。

 

 

引越し業者のオプションについて

 

一宮市 引越し オプション

 

引越し費用は交通費と人件費とオプション費用の合計となります。
このオプションというのは、全員には必要ないけどあると便利なサービスのことです。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

このようなものがオプションとなるものです。

 

エアコンの移設は素人ではできませんし、自分で電気業者に連絡する手間と費用がかかります。
引越し業者に依頼しておけば同じくらいの費用で、専門の業者を手配してくれるので便利なのです。

 

ハウスクリーニングは自分でもできそうですが、引越しの際には新居と旧居の2カ所を大掃除する必要があります。
体力的にも時間的にも厳しいときは、オプションで依頼することが出来ます。

 

虫が苦手な方は家具を運び入れる前に、ついでに害虫駆除をしてもらうと安心ですね。

 

ほかにも車を運搬したい場合ですが、1人で東京から博多まで引越しする場合に車を運ぶ時間がないこともあります。
引越し業者に依頼すれば代わりに運んでくれるサービスです。

 

ピアノの運搬は専門スタッフがやることが多いです。
なぜならピアノは繊細で扱いが難しく、万が一破損した場合の修繕費用が高額だからです。
小さな引っ越し業者ではピアノの運搬は行わないところもあるほどです。

 

このようにあると嬉しいサービスがオプションとなっているのです。

 

 

軽トラックのレンタカーでの引越し

 

一宮市 引越し レンタカー

 

近くの引越しの時はわざわざ引越し業者に依頼するのも勿体ないので、軽トラックのレンタカーで引越しできないか考えたりするものです。

 

レンタカーでの引越しの条件は@距離が近いことA荷物が少ないことB何人か人手があることなどがあります。

 

荷物が少ない人でも1回ですべてを積み切るのは難しく、2〜3回は往復すること考えられます。
素人には大きな家財を上手に積み込めないものですから、往復することを考えると遠くへの引越しは難しいです。
運搬中に冷蔵庫が倒れるんじゃないかと思って運転に集中できず怖いのです。

 

そして荷物が多い場合は何度も往復せねばなりませんし、時間がかかるとそれだけレンタカーのレンタル料がかさみます。
それにガソリン代を満タンにして返さなければなりませんので、ガソリンスタンドに立ち寄る余裕が必要ですから、返却する際は少し早めにレンタル会社に行かねばなりません。こういう風に時間に追われると気が焦ります。

 

そして2〜3人、引越しを手伝ってくれる友人・知人がいることです。
引越しの際に例えばタンスや洗濯機など大きなものは人手がないとトラックに積み込めませんし、手伝いが1人だとその人に負担がかかって申し訳ない気持ちになるので2〜3人は欲しいところです。

 

さてレンタカーを借りての引越しは自分で行う分安くなるイメージがありますね。

 

トラックのレンタル料は【基本料金+燃料代+保険料+その他】です。
そして友達への謝礼・お弁当・お茶代などの費用もかかります。

 

あと引っ越しの最中に家電を落として壊しても、補償がありませんのでお気を付け下さい。。

 

引越し業者に依頼するのとさほど変わらない場合もありますから、比較のためにも見積もりを取ってみるといいかと思います。

 

 

豊中 引越し業者 四日市 引越し業者